当院概要

院名川﨑接骨院
住所〒202-0012 東京都西東京市東町5-9-3
TEL042-421-7695
診療時間09:00~12:00
15:00~20:00
(土曜 9:00~14:00)
定休日:日曜・祝日
公益社団法人東京都柔道接骨師会

捻挫は靭帯のケガです

 足首の捻挫はとても多いケガです。スポーツや階段を降りている際などに足をグキッと捻った経験をお持ちの方も多いと思います。患者さんにぜひ知っていただきたいのは、足首の捻挫は靭帯のケガだということです。程度は様々ですが、靭帯が痛んでいるという認識を持ってください。靭帯の線維が少しだけ切れた程度のものから、部分断裂、完全断裂まで、広い意味ではすべて捻挫と呼ばれます。

 したがって、「捻挫だから痛みが引けば大丈夫」「捻挫だからそんなに固定しなくてもいい」と思ってはいけません。靭帯が修復する間は、傷が開かないように固定していないときちんと治りません。治療の目的は靭帯をきちんと修復させることで、「痛みが引いたから治った」と思ってはいけません。

 足首の捻挫で損傷される靭帯は主に前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)、踵腓靭帯(しょうひじんたい)の2つです。イラストのように、外くるぶしの骨の周りにある靭帯が損傷されます。

 足首の外側の靭帯損傷の重症度は以下の3段階に分類されます。

Ⅰ度は前距腓靭帯または踵腓靭帯の部分損傷

Ⅱ度は前距腓靭帯の断裂

Ⅲ度は前距腓靭帯断裂と踵腓靭帯断裂

Ⅰ度の捻挫は包帯やサポーターだけで良くなりますが、Ⅱ度Ⅲ度の場合はきちんと固定しなければ靭帯が緩くなってしまうため、数年後から数十年後に後遺症が出る可能性が高くなります。