当院概要

院名川﨑接骨院
住所〒202-0012
東京都西東京市東町5-9-3
TEL042-421-7695
診療時間09:00~12:00
15:00~20:00
(土曜 9:00~14:00)
定休日:日曜・祝日
公益社団法人東京都柔道接骨師会

外傷の治療例(上肢・肩・肘・手指)

*患者様にご承諾いただいたうえで掲載しています。

肘の骨折 11才男子 (詳細を見る)

腕の骨折 12才男子 (詳細を見る)

指の骨折 9才女子 (詳細を見る)




右前腕両骨骨折 14才男子

radius fracture

 スケートボードで高さのあるところから転落して右腕を骨折して救急病院を受診された後に、当院に来院されました。手首の橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこつ)という2本の骨が折れてしまっています。

 救急病院で整復(曲がった骨を戻すこと)したそうなのですが、残念ながら、まだだいぶ転位(骨が曲がってずれること)していたので、再度整復して固定しました。受傷後4日経過していたことと、きちんと整復されていなかったことが原因で痛みと腫れが強くなっていました。そのため整復はかなり痛がっていて心苦しかったです。

 この患者さんのように、初診時に適切に整復固定されていない為に余計に苦痛を味わっている方が多いので、いつも歯痒い思いをします。。。

radius fracture after repo

 当院では骨癒合までの期間もリハビリしながら治療をするので、固定を外した頃には関節拘縮(関節が固まること)もほとんどなく、元気にスケートボードに復帰しています。




ページトップへ

左小指基節骨骨折 9才女子

proximal phalange fracture

 サッカーボールで突き指して負傷されました。小指の骨の付け根の部分で曲がってしまっています(隣の薬指の骨と比べるとよくわかります)。

 この部分を骨折すると、小指が外を向いてしまい、薬指とくっつけることができなくなってしまいます。ひどい場合には、指が捻じれてしまって握ったときに薬指と重なってしまいます。  

proximal phalange fracture after repo

 すぐに曲がった骨をもとの形に戻しました(整復といいます)。良い位置に整復されたおかげで後遺症なく、数週間の治療で治りました。  

 「突き指」というと軽傷と考える方が多いですが、このように骨折していることもあります。突き指とは、けがの状態を表す言葉ではなく、けがをした原因を表す言葉です。突き指によって靭帯や腱が切れたり、骨が折れたりすることがあります。ですので、突き指をした時は軽傷と考えずに、接骨院や整形外科などの医療機関を受診してください。


ページトップへ


右上腕骨内側上顆裂離骨折 回転型 11才男子

 公園で転んで手をついたときに肘が外側に曲がってしまい、肘の内側の骨が折れてしまいました。 上腕骨の内側上顆(ないそくじょうか)という突起が根元から折れて、前方に90°以上も回転してズレてしまっています。

fractures of the medial humeral epicondyle

 この内側上顆という部分には靭帯や筋肉がついているため、元通りの位置に戻さないと肘が動かなくなったり、手の力が弱くなってしまう後遺症が残ります。90°以上も回転している骨を元の位置に戻すのは難しいため、一般的には手術の適応となる骨折です。病院を受診していたら手術となっていたでしょう。

 すぐに徒手整復(手で骨折を元の位置に戻すこと)を行い、ギプスで固定しました。ほぼ元通りの位置に戻っています。

fractures of the medial humeral epicondyle after repo

 2週間は完全なギプス固定を行い、すべての固定が外れたのはけがをしてから5週後です。




medial humeral epicondyle fracture after repo

 右の写真は初診時と5週後のレントゲン写真です。より良い位置に戻ってきています。初診時の写真と並べると、いかに大きくズレた骨折であったかがわかります。3ヶ月で肘の動きは完全に回復し、元通りの機能回復ができました。




 ページトップへ